カテゴリー
おんがく

かわいきゃいいのか

金曜日CDを借りてきました。先月PCに録り貯めた音源の何割かが、OSの再インストで曲名などが合わなくなった為、かなりの数を録り直したいんです。
曲名がおかしくなったパフュームのCDを借りようと思って棚を物色すると、同じジャンルになんだか見慣れないアーチストが随分増えていますよー。ということで早速借りてみたのが、Aira Mitsuki、COLTEMONIKHA、藤井リナ、meg(←以前も借りたのですが、今回借りたのはi-depの人プロデュースの方)。
MG_7888.jpg
 MG_7887.jpg
超売れっ子モデル藤井リナ。シンメトリーのほくろの賛否は置いといて(笑)
一通り聴いてみての感想は、やはりというかなんというか、トラックの出来がすべてですなー。megのアルバムも良いし、COLTEMONIKHAも良いし、最初いまいちと思わせた藤井リナのも良いんですよね。で、それらの共通点といえば今をときめくトラックメイカーが作ったということなんですよね。COLTEMONIKHAは中田ヤスタカ、megはi-depに中田ヤスタカ、藤井リナはDJ KAWASAKI、こりゃもう鉄板です。そして、このジャンルぶっちゃけちゃうとヴォーカルなんて下手でもなんでもあり。vocoderを使えば下手だろうとなんだろうとCDにできちゃいますから(^_^;)
ところで、その藤井リナさまですが、駐禁60回罰金未払いで最近報道されていたんですねー・・・

↑しかも原付なんですけど(笑)
今日の教訓 交通ルールを守りましょうパンチ

カテゴリー
日記

bleuスタッフblogスタート!

流星の絆挿入歌ORION中島美嘉 良いっす!

思わず中島美嘉のベスト盤借りちゃいました。あの下手っぽいゆらぎがいいんですよね。ORIONですが、歌詞の折り返しというか、区切りが独特でありながらやっぱ中島美嘉。で、いったい誰が作った歌なのかと思いきやまったくノーマークの百田留衣という方。知りませんでした・・・
さて、タイトルのとおりなのですがbleuのスタッフblogがオープンしました(拍手
タイトル町田の美容室bleuスタッフのblog←要チェック&ブックマークヨロツク!
スタッフblog一発目は宮内カケル。最初カケルが書いたblogに「オガタさんのように上手く書けませんけどよろしくお願いします」みたいなことを書いていたので、おいおいそこはもっと身内を落としてウケを取らなきゃアカンやろ?と進言してみた。そしたら
>緒形さんの長文でグダグダなよくわからないブログ。。。。
↑本気でこきおろされてました(-_-;)
いやいや、冗談でしょう 多分 いや、きっと・・・
何はともあれスタッフblogよろしくおねがいしまーす
町田の美容室bleuスタッフのblog

カテゴリー
スタッフぅー

大盛り

今日この時間まであまりに暇なので、スタッフ澁谷がアシスタント関の頭を盛ってます。
MG_7892.jpg
一部僕がCGで追加盛りしました。いやーでかいでかい(笑)

カテゴリー
雑感

木更津ぅーキャッツ!にゃー!!

最近クドカンづいてしまっているオガタです。今ちょうどやっている流星の絆はもとより、この一月の間にマンハッタンラブストーリー、タイガー&ドラゴン、木更津キャッツアイとホントクドカン三昧ドップリ浸かっています・・・
やっぱ木更津キャッツアイはいいな~、なんて思いつつヤフオクで関連商品検索チェックしてみたんです。そしたら、DVDのセットが格安1500円スタートで出品中。
どうやらレンタル落ちの商品みたいでまだ入札者なし。よっしゃいっちょ入札してみよーと。
そして、結局そのレンタル落ちの商品は不人気なようで無事1500円と言う安値で落札!
IMG_0836.jpg
で届きましたよ。予想以上にずしりと重い箱になんかわくわくしますねー。店の本棚に置いて、同じ木更津ファンに見てもらおう、そう思いつつ開封。
IMG_0838.jpg
おおー!映画も同梱されているやったー!!やった、や・・・
え?え?げげげーバッド(下向き矢印)なーにー!やっちまったなーあせあせ(飛び散る汗)
なんと落札したのはDVDではなく、今や風前の灯火VHSビデオorz
IMG_0839.jpg
どうりで重いわけだ(涙
これから年末にかけてあわただしくなりますが、みなさんも慎重にいきましょう!って、僕に言われたかないですよねもうやだ〜(悲しい顔)

カテゴリー
日記

おかっぱ

先日も写真を撮らせていただいたbleuお客様の加藤様。また調子よくお願いして撮影させて頂きました。
今回はカラーリング&カットです。
MG_0827.jpg
加藤さんの隣にぼんやり写っているのはなんと加藤さんのお子さんももちゃん。ママに同伴です。
MG_0832.jpg
根元の伸びた部分のリタッチとローライトを少し入れました。ローライトはホイルワーク=アルミホイルで4箇所。bleuではこのようなカラーをする場合、なるべく効果的に入れられる部分に絞ってホイルワーク行い、なるべく金銭的、時間的負担を少なくしています。ちなみに、加藤様のカラーリングは根元リタッチ6300円+ホイルワーク4枚(最低枚数)の2100円、合計8400円です・・・って、久々に美容室っぽいblogな感じわーい(嬉しい顔)
カット今回は今もっとも旬なスタイルおかっぱ!yahoo!ビューティーでもおかっぱが特集されていました。なんてことないシンプルなスタイルですが、これが今新鮮なんですよね。
加藤様の場合、毛先を数ヶ月前に他店で削がれているためまだまだ軽いくらい。なので、本当に毛先を切るのみ。
おかっぱらしさを強調するにはバング=前髪を重めに切るのが不可欠。なのですが、加藤様の顔立ちに合わせて今回は目の下でカット。おかっぱ優先で似合わないスタイルにしてしまったら本末転倒ですから。このあたり美容師の主張や流行を押し付けるべきところではありませんよね。
まだパーマが残っているのを活かしてスタイリングでもOKなところ、今回はやはりブローでよりおかっぱ感を強調しました。
仕上がりの1枚がこちら↓
MG_1047.jpg
先日のパーマとは全く別人のようあせあせ(飛び散る汗)
ここでいきなりの打ち明け話。実はこの写真は今朝撮りました。ももちゃんと一緒ではなかなか大変ということで、カラーリングから1週間後の本日朝8時半にご来店頂いて撮影しました。加藤様朝早くからご協力ありがとうございましたm(__)m
おまけの話。よく雑誌に掲載されているヘアスタイルの特集などでの写真は今回のように早朝に撮影されていることが多いのです。特に青山や原宿のサロンは営業終了が遅い(夜10時、11時とか)ということもあり営業前に撮影するんです。あのあたりの美容師のタフさには僕も驚きます。そうそう、通常の雑誌の撮影や映画やドラマのロケも早朝集合(始発で集合とかね)が当たり前。朝が弱い人はなかなか出世しないかも(~_~;)

カテゴリー
雑感

アクセス

このblogの一日のアクセス数は1日120~150人ほど。これはいわゆるユニークアクセスというもので、これまたいわゆるページビュー(何ページ閲覧されているか)は3~400ページもあるんです。
そのわりに少ないコメント、コメント。日常の僕同様絡み辛いblogなのでしょうか?(笑)
さて今週末で11月も終了。もう雑誌は1月号が発売され、書店の店先では年末恒例すて奥(素敵な奥様)の家計簿付き号が売られています。いや、僕は買いませんが・・・
ところで、bleuの本棚には色々なジャンルの本があるのですが、なかでもお客様に人気なのが子育て漫画なんです。西原の毎日かあさん、それから松本ぷりっつのうちの3姉妹。
そして先日西原ファンというお客様に新たな子育て漫画を教えていただきましたタイトル「ママはテンパリスト」東村アキコ著。32146141.jpg
曲がり屋のような僕ですが、案外お客様のお勧めには反応してしてしまうんです。というわけで早速買ってみました!さすがお客様のお勧めだけあってやはりハズレはありませんでした。
そうそう、それから別のお客様に教えていただいた映画
「俺たちフィギュアスケーター」。こっちも笑いました。もうめっちゃB級というか、コテコテのアメリカンコメディ。男子スケート界のトップ2人が表彰台で大喧嘩、そしてスケート界追放。不仲の二人が再起をかけて男性同士のペアを組むというあり得ない話(笑)他にもお客様お勧めのものはできる限り見る様にしています。
一方、僕お勧めのものは見ないほうが良いです。かなりおかしな感性なので(爆)過去に何度か薦めた映画で酷評されてます。地下鉄のザジを薦めた時も「緒形さん、あれ何を言いたいのか分かりません」とか。もっと酷かったのがピンクフラミンゴを薦めたときです。酷い映画ですよって薦めたのに、結局「なんて酷い映画薦めるんですか!」って軽く叱られましたダッシュ(走り出すさま)

カテゴリー
デジタルパーマ

曖昧 me

3連休みなさまいかがおすごしでしょうか!
さて、以前からですがデジタルパーマ(やエアウェーブ)のサロン広告で気になることがあるのです。それは「やわらかい」といううたい文句なのです。
エアウェーブはよくこのやわらかさを強調しています。デジタルパーマでも「うちのはやわらかい」などとPRしているサロンをよく見かけます。しかし、このやわらかさというのはいったいなんなんでしょうか?
僕はやわらかいか硬いというのは、極論すればパーマのかかり具合に起因すると思っています。つまり、やわらかいのはゆるめで、硬いのはしっかりめということです。となると、やわらかさを打ち出している店のデジタルパーマなどはゆるいということになるのでしょうか?
はい、僕は正直そう思います。というのも、偉そうに推論で言っている訳ではなく、今までデジタルパーマをやってきた経験、特に失敗に基づいてそう感じてきたからなのです。
そもそも、世の中の表現にはあいまいなものが多すぎます。いや、ほとんどの表現はあいまいなんですよね。やわらかいというのもやわらかさの指標があるわけでもなく漠然と語られていますから。
例えば大きいとか小さいでさえ明確にあれは大きい、それは小さいとは言えないんです。少なくとも比較がなければ。
そういう意味では、うちのデジタルパーマはやわらかいですよ、エアウェーブはやわらかくかかりますよと言っているのは確かに他のデジタルパーマなどと比較されてはいるでしょう。
でも、その比較自体がまず曖昧なことと、さらにパーマに関して言うと、柔らかさだけで比較してはい終わり、とはならないのです。
美容業界で「再現性」という言葉をよく使うのですが、この再現性という意味は「お客様が自宅でいかに再現できるか?」を指しています。美容師がいくらどれだけかっこ良くスタイリングできても、お客様が自宅で同じスタイルにできない場合は再現性が低いスタイルと言うことになるのです、はい。
そして、やわらかいパーマというのは再現性が低下する可能性があるのです。これは今年僕が経験したことの結論です。
シャンプー後の濡れている状態で直径7cmのカールがついているパーマスタイルがあったとします。そのパーマの右側がやわらかくかけたデジタルパーマ(orエアウェーブ)、左側がbleuデフォルトのデジタルパーマだとします。そのスタイルをお客様がスタイリングをすると、高確率で左右仕上がりに差が出ます。やわらかくかけている方がよりカールが伸び、逆側はしっかりカールが出ます。ということは、再現性でやわらかいほうがある意味劣るわけです・・・
って、実はそうとも言い切れないからややこしいあせあせ(飛び散る汗)
ここまでの書き方だと、やわらかくかける=再現性が低い!と言いたげですが、そこまで白黒はっきりとしたことを言いたいわけではないんです、実は。再現性というのはお客様が再現できるか否かが問題であって、カールがくっきり出るか出ないかではないんです。ややこしいはなしでごめんなさい。
カールがルーズなスタイルが希望であれば、ならばやわらかくかけるといいでしょう。逆に、カールがきちんと出てほしい場合、その場合は下手にやわらかくかけたりしないほうが良いのです。
デジタルパーマと一口に言っても、サロンごとに施術方法が全くバラバラで、しかもそれぞれのサロンは自店のやり方が良いと信じてやっています。それはうちもですが(笑)
お客様はデジタルパーマというネーミングでどこでも大体同じと思っているかもしれませんが、実際は違うのです。僕は個人的にやわらかさをうたうサロンのやりかたは往々にしてゆるめの仕上がりになってしまうと思っているので、安易にやわらかいというようなうたい文句に乗らないほうがいいと思います。
いつものごとく長くなってしまったので最後にまとめ。
大事なことは再現性。
やわらかいか硬いかはパーマの強さで変わってくる。
スタイルに必要なパーマの強さやわらかさを見極めることが大事。
つまり、単純にやわらかいとか変なうたい文句よりも、スタイルの為にどんなパーマをかけたらいいのかきちんと考えてくれる美容師、美容室を選ぶことが重要だと思います。
最後に、講釈タレまくった僕の文章にも曖昧な表現多いですね(自爆)

カテゴリー
雑感

著作権

このキムタクの画像は何週間か前のyahooニュースの画像です。
20081030-00000526-san-soci-view-000.jpg
なんか変な画像ですよね。恐らくこんな画像を使ったのは、ジャニーズの著作権管理が異常に厳しいので、著作権に触れないように画像をイラストに書き起こしたんじゃないかと思われます。
で、wikiで調べてみた。やはり「日本の芸能事務所の中でも肖像権の管理には厳しく、レコード会社、出演映画・ドラマ・CMの公式サイトで、所属タレントの顔写真や動画をウェブページで使用することを制限している。その為、シルエットや似顔絵、セットの画像に差し替えられている。」だそうです。
ジャニーズはその他にwikiを見ると独特の戦略というか方針を貫いているようです。例えば、ジャニーズ事務所のタレントがTVの裏番組でかぶらないようにするとか。しかし強引とも思えるジャニーズのやり方も、よくよく調べてみるとある意味一本筋が通っているようにも思えてきます。って、日曜の朝から何を調べているんだ俺(^_^;)

カテゴリー
雑感

ピカソとラビ・バトラな休日

先週見に行きましたピカソ。その感想というか、思ったことをあらためて。
まず、一番に思ったのはピカソが何を感じ、何を考え生きてきたのか?というところからです。数々の作品を見ましたが、ダダーっと見たらあっという間に見れてしまうわけです。しかし、その初期の作品から晩年までおよそ70年、その永い永い年月には色々な出来事があったわけで、その些細な日々どのように生きてきたかが凄く気になりました。
そして、過去にBBC放送が製作したピカソの番組DVDをTSUTAYAで借りて見ました。
ラビ・バトラって知っている方いますか?もし知っていたら、経済通というか経済好きと言うか・・・ラビ・バトラ博士は今起こっているサブプライムローンやアメリカ経済(的資本主義?)の崩壊を予測した本を書いていた方です。僕はつい最近知りました。早速図書館で借りて著書を読んでみました。
あたかも予言の書のごとく未来のことが書いてあるのですが、事実その本質は予言ではなく予測なのだそうです。
ちなみに著書に書かれた予測
・「1980年からイランとイラクとの間に7年間におよぶ血生臭い戦争が勃発するだろう。」
・「1990年1月から3月の第1四半期の間に東京市場で株価の大暴落が起こるだろう。」
・「どんなに遅くとも2000年までに共産主義は断末魔の苦しい革命を経て崩壊し、2010年までに資本主義は崩壊する。」
・「資本主義の崩壊(世界同時大恐慌)は住宅バブル・原油バブルの2つのバブルの崩壊に端を発するNY株式市場の大暴落から始まるだろう。資本主義は花火のように爆発する。」
・「世界同時大恐慌の入り口は2005年。そして2010年までに『搾取的資本主義』は崩壊するだろう。」
・(大恐慌・資本主義の崩壊によって)「日本と世界は同時に崩壊する。」
この予測の基になるのが歴史の周期説です。様々な歴史や出来事がある一定の周期で起こりうるというもので、諸説ありますがだいたい60年~80年と説いている方が多いとか。ラビ・バトラの場合は60年周期だそうです。
60年周期説については今ブレーク中(?)のフォトリーディングの先駆者神田昌典さんももう何年も前から語っていました。
神田さん曰く、今のある世代は、その前の世代、言うならば子供は親の世代の影響を受け、そしてその子供の子供もまた影響を受けて変化していくのだそう。時代的な移り変わりはそのようにして世代が変わるごとに繰り返していくのでしょう。
ピカソが生きた時代。ピカソもただ独り生きたわけもなく、様々な人や出来事から影響を受けていたはずです。
DVDで意外だなーと思ったのは、ピカソが抱いていた死への恐怖。ピカソをよく知る人が語っていたのですが、スペイン人でなおかつあれだけ長く功績を残したピカソでさえ死への恐怖があったのは僕としては意外に感じたのです。いや、スペイン人ってラテン系というイメージから能天気を想像しますが、実際はそうじゃなのかなー??
僕の場合、絵を見てただただ美しさに浸れるタイプではなく、こんなことを先週からずーっと考えています。
で、ピカソとラビ・バトラという本記事のタイトルはなぜ?
あ、いや、ラビ・バトラは昨日の午前中次女と一緒に行った図書館で読んだ本で、ピカソは夜見たDVDで。もしかしてそれだけ?わーい(嬉しい顔)

カテゴリー
私事

P

昨日はお休みを頂きました!木曜日に行くところといえばあそこだ!いや、火曜日には行けないあそこです。
そう、火曜日定休のあそこで開催中のピカソ展です!
今回はパリのピカソ美術館の改修にともない世界を回っている作品の数々なんだとか(昨日知った
2館で開催中のピカソ展。先に行ったのは昨日クルマを停めた東京ミッドタウンにあるサントリー美術館
こちらは「巨匠ピカソ 魂のポートレート」と題して落ち着いたというかこじんまりとした展示内容でした。と言っても、凄い作品ばかりではありましたが。しかし、同時開催の新国立美術館「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡 」の方が展示点数が圧倒的に多い。その数170、一方あちらは約60。その差ありすぎでは?でも、値段はほぼ一緒なんですよね。
というよりも、やはり今回は2館とも是非見たいところです。距離も徒歩数分の2館ですから。
さて、2館見る方で女子限定のお得情報。それは、小田急のレディースクラブとかいうのに入っている場合、小田急百貨店で2館共通の入場券がなんと2000円で買えてしまうんです!これはかなり得です。もし誰か小田急のそのなんとかクラブに入っている人いたら是非お願いしましょう!
さて、ひとまずサントリーのほうを見終わりランチ。駐車料金が高いミッドタウンの駐車場代を少しでも浮かす為(駐車券がもらえる)にリッチなランチだー!
高そうな店が多い中、そこそこのお値段のスペイン料理屋さんへ。ピカソもスペイン出身ですしね。
MG_0878.jpg
↑前菜3品↓メイン
MG_0879.jpg
僕はイベリコ豚となんとか?(忘 奥さんはカジキのソテー。一番下のチビは僕らから食べたいところだけ分け合ってランチ。
その後新国立美術館でここはパリかー!?と思わせるほどの作品の数々に圧倒されました。
そして、美術館に来たらのお楽しみといえばミュージアムショップ!!←なんか昼飯とか関係ないものに興奮気味(笑)
MG_0887.jpg
美術館も立派なだけあってショップも立派。日本に来た外国人が買いたくなるような品揃えの店内です。
店内入り口周辺には何脚ものエッグチェアがありました。ちなみにエッグチェアってデザインによりますが1脚60~100万円前後ですよ!?
色々ショップを物色しつつも結局何も買わず。最後に見つけたこれ!
MG_0888.jpg
人体模型です。皮膚の断面が職業的に無性にほしくなりました(笑)
そして、200円投入!一回目・・・
MG_0889.jpg
あーー、心臓の模型。
気を取り直し再チャレンジ!
MG_0890.jpg
心臓2連ちゃんorz
それで、今気付いたんですが、心臓模型はAタイプとBタイプがありました。もしや2連ちゃんしたのはAとB?なんて淡い期待も、心臓模型Aの2連ちゃんでした(笑)
ところで、ねーねーオガタさん、ピカソの感想は?あせあせ(飛び散る汗)