カテゴリー
美容道

おととい月曜日、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いで業績を伸ばしている(?)美容メーカーのハホニコの臨店講習を受けました。
講習の内容は、今度ハホニコから発売される新しいトリートメントメニューについて。
ここ最近人気のボブ、ワンレングス。これらのスタイルのポイントは髪の毛の艶だと思うのです。bleuにはもう5年ほどやっているハホニコのラメラメトリートメントというメニューがあるのですが、それよりもさらに艶を出したい。元々艶があるような髪ではなく、癖が混じる乾燥毛に艶を出すのに何か良いものはないか。
そこで考えたのです。極弱いパーマ液を使用したトリートメントを使うと、癖毛の表面が綺麗になって艶が出るのではないかと。考えたものの具体的にどのようにメニュー化するか考えていたところに、業者さんから紹介されたのが講習を受けたハホニコの新メニューだったのです。まさにグッドタイミングパンチ
さて、そのトリートメントを実際に見ての感想ですが、結果から先に書くと今のところ見送りです(涙
というのも、はっきり言って、新メニューを打ち出しているメーカー自身に迷いを感じずにいられなかったんです。「隙間商品、ニッチ商品です」と言われてもそりゃこっちが困るわけですふらふら
bleuスタッフ関の髪で講習してもらったのですが、仕上がりについてはなんとも言えずorz
いや、確かに艶とかは出ました。出ましたが、時間と労力+コストから言えば出て当たり前レベル。いや、むしろそれだけかけるなら料金も通常のトリートメントよりも相当高く設定しなければいけないし、そうなるとどれだけ様々なコストに見合うか疑問だらけなのでした。
いつもながら思うのです。美容の技術の仕上がりの評価ってなかなか客観的にできないのはしかたないことなのでしょうか?なんの話しかというと、例えば今回講習受けたトリートメントでいうと「もちもち感」というなかなか客観的に計りきれない効能のこととかです。
エアウェーブの講習のときも痛切に感じたんですよね。講師の方が「柔らかいでしょー」と言う。受講生も触って「やわらかーい」なんて言う人続出だったのですが。僕にはちっとも柔らかく感じなかったんですよね。
僕が感じなかったからエアウェーブが駄目とは言う気はないんです。じゃなくて、僕にしろ他の人にしろ髪を手で触って感じるのはかなり主観で左右されると思うんですね。
それこそプラセボです。××でしょ。と言われればそんな感じがする。言われてみれば確かに聞こえる空耳アワー(笑)そんな感じ、いや、それよりも罪な気さえします。
もちろん、主観的判断を批判しようとも思っていません。最終的にはお客様の主観的判断がもっとも上位のジャッジだと思いますから。僕ら美容師がいくら客観視する目を養ったとしても、お客様上位なのは揺るがないとも思います。しかし、しかし。メーカーのジャッジはもっともっと客観的事実に基づくべきだと思うのですよ。
それこそ僕は科学的根拠をいかに明示してくれるか、そこをクリアにしてくれればそれだけでいいんですけどね。
科学的なんて書くと「またオガタのいつものが始まった」と言われそうですが、そんな難しい話じゃないんですよ。化学式だ分子構造だなんて言われても、僕も分かりませんから。
そういう意味では、美容メーカーなんかより、雑誌VOCEの方が数十倍客観視したデータが出ていました。
髪の毛束を使って各社トリートメントの効能の比較をしていましたから。
でも、科学者のような方に言わせると、その程度でも駄目だそうで、本当に科学的になると、不要な要素をとにかく排除しなければいけないそう。
そこまではいかなくとも、プロとしてなるべくニュートラルな見方、客観視できるようでありたいと思うのでした。
で、講習受けたうちのスタッフはといえば、結構客観視してました。ただし、プロとは言い難い、素人的客観視だったのが微妙ではありましたがあせあせ(飛び散る汗)

カテゴリー
お客様

成人式

4月からbleuに入社した伊藤はアシスタントながらも、なんと着付けの看板を持っています!着付けの看板=着付けの免許のようなものです。
ならばそれを活かさない手はない。ということで着付けをすることに。そして、そんなタイミングで成人式の後撮りをしたいとのご要望をT様から頂きました。
ということで、着付け伊藤、アップ&写真が緒形で撮ってみました。
3247671.jpg
trwertuio.jpg
Tさんのお母様が作ってくださった生花の髪飾りがまるでプロが作ったかのような出来で。母の愛情に僕は感動しちゃいました(^_^;)
そうそう、着物もお母様が昔着ていたもので、あわいピンク、いや桜色が綺麗でした。もちろん、それを身にまとったTさんが綺麗だったことは写真を見れば説明不要!ですよね。

カテゴリー
bleuの歴史

10年間ありがとうございました

10年前の今日、4月26日にbleuがオープンしました。あれから10年とはとても思えず、つい先日のことのように思えてしまいます。
皆様のお陰で10年間やってこれました。本当にありがとうございます。
10周年を迎えるにあたり、何かしなければいけないんじゃないかと考え、悩みに悩みました。
数年前は「10周年はクラブでも借りて」とか妄想は色々ありましたが、考えれば考えるほど現実的ではありませんでした。
悩んだ末、結局何もせず、ただただお客様の為にこれからできることを淡々と精一杯やっていこうと思いました。
実は10年やってきた自負がありません。同じく、美容師をもう23年ほどやってきたことも妙に実感がありません。醒めているわけでもないのですが、だからどうということも正直ありません。
もちろん自信や誇りがないのではありません。かといってキャリアそのものを誇る気など毛頭なく、むしろその間どれだけのことができたのか?そのことのほうが頭から離れません。
実際に昨年秋頃からは、何かしらリセットする為に一度閉店してしまおうかとさえ考えました。それも非現実的でしたが。
いやいや、そんなおセンチに浸っている暇はないのです!今日来てくださるお客様に綺麗になっていただく。元気になって、笑顔でお帰りいただきたい。それだけ、その為に今日もいつもどおり、これまで以上を目指してスタッフと一緒に頑張っていきたいと思います。
繰り返しになりますが、本当に10年ありがとうございました。そしてこれからもbleuスタッフ一同どうぞよろしくお願いいたします。
bleu代表取り締まられ役 緒形勝彦

カテゴリー
雑感

もうなんとなくGWムードなのでしょうか?bleuのご予約空きまくりの今日この頃もうやだ〜(悲しい顔)
やけ酒飲みたい(笑)泥酔しても必ず帰宅している緒形です。当然脱ぎません。というか、脱げません。だって腹が(涙
もうblogのテーマはそればっかりかい?というくらい世間を賑わせてしまった某メンバー。って、ネタにしている人がここにも(自爆)
加熱する報道と裏腹に、政治家(石原、橋本)までが同情論を口にするというなんだかよく分からない展開。
前々から思う。何をもって罪とし、何によって裁かれているのか?
マスコミは正義じゃないし、罪を裁く権利はないはず。そもそも、容疑者というのは犯罪者ではない。(正確には被疑者というらしい)
しかし、容疑で逮捕→実名報道で簡単に容疑者は犯罪者にまつりあげられる。なんて偉そうに書きながら、僕も「なんて酷い奴なんだ」と短絡的にTV見て思うことは常ではある。そのあたり能書きいくらたれても一般庶民的なんですね・・・
以前偽札を作って逮捕された教員がいました。教員は偽札を使っていません。でも捕まったのです。なぜ偽札作りが発覚したかというと、教員のクルマが車上荒らしにあい、そこから盗まれ、それを泥棒が使って発覚したのでした。
読売新聞では、その教員は実名報道。車上荒らしした泥棒は実名なし。これってどう思います?偽札をおそらく興味本位で作ってみただけの者と、泥棒とどっちの罪が重いかどうかなんてあえて考慮しなくても、なーんか変ですよね。
結局マスコミのさじ加減で問題の大きさが左右されている感がありませんか?
なぜ野球選手の年棒は高いのか?芸能人の年収もそうだし。年収が高いか安いかの基準ってみなさん考えたことありますか?
人に必要とされる仕事だから?仕事の価値が高いから?希少価値?
ひとつの明確な基準としては、より多くの人に影響を与えると収入は高くなるのだそうです。
つまり、収入の多さというのは人々への影響力に比例するのです。そういう意味では、メンバーのしでかした影響と、もともと持ちえていた影響力は大きかった。
でも、逆に見れば大きな影響力があったゆえに、すでに大きな代償を払わされてしまっていると思うのです。
もしね、タイムマシーンがあったら事件(?)の現場に行って江頭を身代わりにおいてみたい。多分東スポに掲載されて笑いのネタで終わりではないですかね?(笑)
とにかくね、基準が分かりません。いや、やはり人が持つ影響力が収入も責任をも決めるのでしょうか?
警察はどういう経緯で動いたのか気になります。
「こちら警視庁○○。酔って騒いでいた男の身柄確保しました。メンバーのようです」
「・・・、上層部の指示を仰ぐためひとまず連行するように」
なんてやり取りの後、色んな思惑で動いた可能性ありありではないでしょうか?少なくとも、マスコミへのアプローチからも有名人であることを承知の上で動いたのは明らか。
小沢秘書逮捕とか、ここ1~2年のあいだの逮捕劇や注目裁判が、妙に裁判員制度の啓蒙に利用されいる気がしてなりません。もしかして電通が絡んでいるのか?あ、地デジキャンペーンは博報堂で、今回の事件の裏はそれか?←妄想
う~ん、なんだかんだ言っちゃって、こんなに影響されている僕がいるんですがー。どうしましょ?(^_^;)

カテゴリー
仕事

bleu HPリニューアルしました!

と、声高らかに言いたいところなのですが、TOPページのみ変えましたあせあせ(飛び散る汗)
さらに、TOPページも未完成という状況・・・なしてそげなことに踏み切ったかと言うと、なかなか製作が思うようにはかどらず、このままでは完成できないかも?との焦りから。そこで恥を承知であえてTOPのみUPしてしまいました。
hp2009.gif
もう2ヶ月くらいモニターとにらめっこで、旧サイトと比べて良いのかどうか分からなくなってしまいました(滝汗)
場合によってはリニューアルが改悪になってしまう恐れもありそうで怖いです。
突っ込みどころ満載のTOPページですが、なかでももっとも突っ込むところ、皆さんどこか分かりますか?ドリフ好きなら分かるかもしれないんですが。って、もうこのことひとつとっても美容室のHPの方向性からずれを感じずにはいられません(笑)
今回のリニューアルにあたり、初めてBINDというソフトを導入してみました。誰でも簡単にHPがあっという間に作れる!というソフトながらも、そういう便利なものはそれなりに使い辛いもので。
結局BINDを軸にしつつ、フォトショップ、イラストレーター、ドリームウィーバーなども使う。それぞれのソフトの利点を活かすべくそうなってしまうのですね。
BINDを使ったことでもっとも期待できるのは、htmlの文法が綺麗になって、検索等に有利になるのではないかというところです。今までのbleu HPは、ドリームウィーバーで作ってはいたものの、htmlが結構崩れていたようで。
実は、HP一応作れる僕ですがhtmlとかいわゆるプログラム言語みたいなものにはアレルギーがあって。そういうの見るとくしゃみが止まらなくなるんです。いや、それは嘘ですが(笑)
しかし、本当に苦手で、あたかもハクション大魔王の数字と同じわけです。ですから、今回もそういうのにはノータッチ!
さてさて、bleuのHP全体がリニューアルできるのはいつの日か?
営業そのものは忙しくないものの、何か気忙しい日々。猫の手、いや猿の脳でも借りたい今日この頃ですわーい(嬉しい顔)

カテゴリー
仕事

続・ご紹介キャンペーン

以前も書かせて頂きました、お客様ご紹介キャンペーン。今月以降も継続していきます。
キャンペーンの内容は、新規のお客様を紹介頂くと、新規の方が20%OFF、そして紹介してくださったお客様にはHAHONICOラメラメトリートメントを無料サービスするというものです。
お友達、ご家族、知人の方を是非ご紹介くださいm(__)m
さてさて、皆さん今のご気分はいかがでしょうか?
もう来週から世間はGWなんですよね。お出かけの予定はいかがでしょうか?
まったく祝日に無関係な僕ら。高速道路無料、じゃなかった(笑)1000円乗り放題なんてのも「関係ないし、ちっ」なんてスネていたらなんと、今年のGWは5日が火曜日なんですよね。
となれば利用しない手はない!ということで、僕は新潟の実家に日帰りを計画中(無謀
なかなか孫を見せてあげられない親に、小さな親孝行しようと思っています。
なお、GW中も定休日の火曜日以外はbleu営業しております。例年はどちらかというとあまり混みあいませんので、お出かけの予定のない方はbleuに是非お越しください!

カテゴリー
ヘアケア

裏話

Mバングの裏話を書きます。なんて前フリして一夜明けて。よくよく考えてみると、そんな大そうな裏話はないことに今気づく(笑)
強引に裏話を。
撮影当初僕はRさんを説得して前髪をイマドキな重めぱっつんに切らせて頂くつもりでした。
20090.jpg
↑前髪を切る前です。切らせて頂くつもりが、Rさんの普段のスタイリングのしかたを聞いて、Mバングにスタイル変更。
とか言いながら、撮影開始当初は横に流す前髪で撮影していました。
20092.jpg
20093.jpg
そして、最後の最後にMバングにスタイリングなおしたのが昨日UPしたスタイルなのでした。以上裏話ってほどでもない裏話でした(^_^;)
さてさて、ところで撮影の話。以前も書いたのですが、撮影するにあたり高価な道具を使うよりも、まずは安くて良いから道具を使いこなすことが大事だと思い知らされた今回の撮影。
例えば、今回の撮影では背景の色を3パターン撮りました。黒、黄色、グレー。その3っつの背景に使ったのはホームセンターで買った1枚400円くらいの樹脂パネル。
昨日のblogで背景のみ画像修正したと書いた理由は、そのパネルに入っている筋を消すための修正だったのです。
それからライティング。今回は定常光=ストロボじゃないライトを使いました。今までの撮影、前回のスタッフの撮影で使ったのはストロボ。ピカッと瞬間的に光るあれですね。一方で定常工光というと、光りっぱなしの照明のことです。今回は蛍光灯の定常光を買ってみました。
定常光を使った理由というより、発端は以前頂いた有名写真家の高橋ヒデキさんのコメント
ビューティー写真では絶対的な評価を得ている高橋さんがどれだけ複雑なライティングしているのかと思いきや、蛍光灯一発のみ。
写真撮る方ならお分かりかと思いますが、僕にとっては目から鱗ボロボロ落ちました(笑)
というのも、今撮影はもはやデジタル全盛。
フイルムの時代は、光の色温度など光の質に画像の色がかなり振り回されていました。例えば、フィルムにデイライトとタングステンというものがありますが、この2つ全く正反対の性質を持ちます。その正反対のものを、ライトによって使い分けしていたのが、デジカメはその必要がないのです。
言い方かえましょう。デジカメにはホワイトバランスという設定が必ずありますが(皆さんはオートで使っていること多いのでは)、それがフィルムの使い分けと同じような役割です。つまり、デジカメは光の種類にあわせてフィルムを変えたりする必要がないので、光そのものはある意味なんでもありなのです。
となると、仕上がりが予測しにくいストロボを使うよりも、より使いやすい定常光がとにかく便利。しかも、定常光の器具は比較的安価。
今回使用した器具はスタンド付で6500円くらい。僕が10年前に買った中古のストロボの10ウン万に比べたら雲泥の差です。
さらに、さらに。今回使ったレンズ。キャノンの単焦点レンズでお値段たったの9000円。
いや、本当は高いレンズ欲しいのですが、買えないのですもうやだ〜(悲しい顔)
でも、その9000円のレンズ決して悪いレンズではありません。むしろ僕の腕にはちょうどいいかも?(笑)
てな感じで、今回のローコスト撮影会(?)の裏話でした!

カテゴリー
お客様

M

Mバングってご存知ですか?
論より証拠!↓がMバングです。
20091.jpg
前髪の中心に一筋、というか一束アクセント。これがMバングです。
モデルお願いしたのはお客様のRさん。ちょっとライティング飛ばしてしまいましたが、いかがでしょうか?綺麗ですよねー。
ちなみに、画像修正は背景のモアレだけ。綺麗なアゴのライン含め顔の修正はなし!すばらしい!!さすがRさん♪
さてさて、先ほど撮影したRさんのMバングについての裏話を・・・明日以降書きます!
つづく

カテゴリー
スタッフぅー

スタッフその2

スタッフ写真その2を公開
安~い定常光を買ってみました。お陰でもう写真の写りがVOCEっぽくなったと思いません?←なってません
澁谷実子
shibu.jpg
宮内カケル
miya.jpg
↑元カメラマンなんです(大嘘)
なんだか先日のスタッフの写真と違いすぎて、並べてはいけない感じがするんですが。あ、顔立ちじゃなくて写真の芸風(?)がですよわーい(嬉しい顔)
あと残すは新人伊藤幸恵と僕。だれか僕の写真撮ってください。

カテゴリー
ヘアケア

1980

方向性が見えない
「最近どんなスタイルが流行っているんですか?」とお客様に質問されると、思わずこぼしてしまうんです。「方向性が見えにくいんです」と。
毎年シーズンの立ち上がりは分かりにくいのです。しかし今年は例年にも増してわかりにくい。その原因というか要因はもちろんファッション。
ファッションの方向性が見えにくい。いや、ファッションでいえばもうバリバリ80年代なんです。80年代に生きてきた僕らがびっくりするくらいのどっぷりエイティーズ。
あるショップでは半端な丈のハイソックスが馬鹿売れなんだそうです。しかも男性が買うんです。
こんなのです→http://rhythmyokohama.com/?pid=9234767
しかもそのソックスチューブソックスです。かかとがないあれですよ。なんでそんなもんがリバイバルなのよ?いやー、でも面白いですよね。
もうなんでも来い!状態のファッション。ヘアメイクももしかするとそんな勢いが。美容業界紙ではこぞってみんながワッフルアイロンを使い出しています。スタイルでいうとソニアリキエルおばさんみたいなこんな感じ↓
20060915045034.jpg
メイクは太目の眉に、真っ赤なリップがまた来やがりました(笑)
そうなると、ついに来てしまうのか?あれが。そうあれだ、ワンレン&ソバージュだ。
いやいや、実は既にご存知のとおりワンレンはキテますよね。ただし、ワンレン+バング(前髪)。要はおかっぱですね。
そして、ワンレンとは言いますが80年代のあれとは全く違いレイヤーもシャギーも入ったワンレンです。
洋服もそうですが、まんま80年代ではNGですよね。ヘアもまんまではなく、イマの気分が大事。イマをプラスするのがイマっぽいカット、そしてパーマが不可欠だと思います(宣伝)
ヘアスタイルのボリュームの位置が思いっきり下がり、パーマも毛先に下がってきました。くびれたスタイル全盛だったキャンキャンモデルでさえバランス&ウエイトが下がってきています。
さて、ならば肩上くらいのおかっぱでOK?と思われそうですが、僕は既にロングに移行が始まっていると考えています。というのも、早くからおかっぱヘアに食いついた人たちはもう食傷気味なんですね。実際そういった方々の場合、ファッションも人より早く、早く渡り歩いていきますから。そういう人たちをファッション用語でイノベーターと言います。参照
イノベーターの皆さんは既に伸ばしていることでしょう。代表(?)としては梨花ねーさんですが、もうおかっぱロングです。
そして、ロングへ移行するイノベーターと同じく肩上のおかっぱに飽きた一部の人達はショートに。と、ここで既に肩上のボブ、長いボブ、ショートと3っつも傾向が出てきています。さらに、それ以外のスタイルも当然あるわけで、そういう意味で方向性が見出しにくいんです(^_^;)
方向性が見えなくたっていーじゃん!と言われそうなのですが、僕としては次を考えて提案したいんですよ。なぜかというと、例えばの話。重めが流行りだした当時、それまでお客様の指示通り思いっきり軽くしていたが為に重めスタイルに移行しにくかったとか。切ってしまった後に長めにしたくなったとか、やっぱ色々あるわけです。カラーリングにしても、パーマにしても次回以降まで考えるのが僕らの務めだと思っているのです。
さてさて、そんなわけでみなさんの春夏おしゃれ計画を、ご来店の際は是非教えてくださいね!