カテゴリー
雑感

相良浩介と半沢直樹

「やられたら、やり返す。倍返しだ!」
ドラマ半沢直樹↑この台詞が印象的ですよね。
僕は見ていないのですが、内容的には台詞通りの倍返しなのですか?今度どなたかご来店の際に教えて下さい(^_^;)
見ていないので本質は分かりませんが、倍返しはよくないよな~と思ったりします。
やはり日本人は罪を憎んで人を憎まず、やられたたらやり返すのではなく許す心が大事と思っています。まあ僕もそんなにできた人間ではありませんが(自戒)
僕の大好物医療系ドラマ、今期はドクターズ最強の名医を見ています。エロ男爵沢村一樹演じる相良先生。この人の心の広さや、組織を裏からコントロールするような調整力に憧れています。
ニュースを見ていると、いつから日本人は糾弾体質になったんだろうといつも思います。
悪いことをした人間をやり玉に挙げる、血祭りにするような、そんな集中砲火的報道にうんざりします。
ドラマは描き方の問題なので、そこをとやかく言うのもなんですが(笑)
タイムボカンシリーズの悪役しかり、子供向けアニメの悪役の人間っぽさ、憎めなさって大事な気がします。ドクターズも、相良を敵視する森山卓(高嶋政伸)が見せる裏の顔が憎めなくていいんですよね。
ハリウッド映画、特にアメリカ礼賛的な正義の描き方もなんとなく好きになれません。それはやはり同じ理由ですね。
やられてもやり返さない。でも泣き寝入りではなく、お互い良い着地地点を目指す。
やはり人間win-winが基本ですね!

カテゴリー
仕事

8月6日火曜日緒形出勤します!

お知らせです。8月6日火曜日ですが、緒形出勤します。(スタッフの夏休みシフトの関係)
火曜日サロンに立つの何年ぶりでしょうか?
火曜は緒形いないのが定着しているので、僕のお客様ほとんどいらっしゃらない予感です(^_^;)
なので!このblogをご覧になってお暇なお客様いらっしゃいましたら、是非8月6日ご予約下さい!
どうか緒形を暇殺しにしないでください(笑)
それから、お知らせ前後しますが、来週は一足先に夏休みをとらせて頂きます。
どうぞよろしくお願いします!!

カテゴリー
雑感

from 喜怒哀楽

昨日自宅で子供達が雷がどうのこうの話していた時のこと。
小2の次女衝撃発言。
「カミナリのあれ太鼓じゃん」(満面の笑みで)
まさか、雷様を信じてる?(爆)
bu--thumb.jpg
長男、長女、僕は爆笑。
次女 最初 笑顔→苦笑い
長男長女、笑い止まらず「かわいいー」「今だけだなかわいいの」とか茶化していたら、苦笑いから激怒、泣いて怒りまくり(得意技)
数年前、次女が幼稚園年少の頃、長女に向かって言いました。「サンタさんなんていないよ!お父さんだよ!!」
小3の長女は「嘘だよ。サンタいるよね、ママ」とうちの奥さんに言いました。
すると「あのね、学校の友達の中には、まだサンタ信じている子もいるから、言っちゃダメだよ(追い打ち)」
そんな我が家の次女なのに、なぜか突然ピュアと言うか、アホな一面が飛び出します。
去年も、たまたまTVで見たこびとづかんで「カクレモモジリの捕まえ方」というのをやってたんです。
20110309_1954368.jpg
そしたら、それを真に受けて「カクレモモジリ捕まえに行くから、おこづかいで罠の道具とか買っていい?捕まえに一緒に家の前の森に行ってくれる?」とうちの奥さんにお願いするしまつ。
「あれは-、CGなんだよ」と言ったら、激怒(得意技) 泣いて大騒ぎでした。
もうアホなのか現実主義者なのかわかりませんね~わーい(嬉しい顔)
昨日の出来事を思い出し笑いしながら思った、この笑えるけどちょっと困った感じの次女の言動、もしかして素直ってこと?(笑)
クドカンのドラマに出てくる女優の役柄は喜怒哀楽がはっきりしていて、凄くカワイイ。
笑ったと思ったら、すぐ怒る。泣く時は思いっきり泣く。勝手気ままな感じさえある。
まさしくうちの次女だ(笑)
ドラマで見ている限りでは凄くカワイイけれど、実際にそんな女子と付き合ったら、相当めんどくさいんだろうと心から思うのでした・・・

カテゴリー
私事

引っ越し完了その3

銀行に抵当権解除をお願いしてからしばらくの間、町田市との交渉が進みました。
町田市の担当さんが動いてくれて、新年度前に補償額の叩き台提示がありました。
公共事業の立ち退き、一般的なイメージでは「さぞかし儲かるんでしょ?」ですよね。
僕も思っていましたが、そんなことはありませんでした。
補償金の算定が、とにかくすっきりさっぱり、公明正大なのです。専門家がはじき出した補償額は事細かく、それを積み上げた金額の総額を提示されます。
基本的に提示される内訳は、土地幾ら、建物の補償幾らという感じで、細かい部分は聞かないと開示してくれません。
土地については、近隣の土地取引価格の仕入れ値と販売価格の中間の提示でした。つまり、同じ土地が補償金だけでは買えないのです。
その代わりか何かは知りませんが、建物の補償はいわゆる減価償却は大きくされない金額でした。
僕の想像よりも早め早めに町田市は動いてくれました。とは言え、町田市から東京都、国にお伺いを立て、それを受けて町田市が動くというなかなかまどろっこしい手続きが4月から5月まで続いたのでした。
ようやく新年度、先が少し見えてきたので銀行に改めて抵当権解除について、いよいよ動いて欲しいと連絡をすると、あらビックリ。以前わざわざ出向いて頭下げた担当者さん、転勤で既にいませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
引継ぎされたという担当者さんも、はっきり言って案件があることを知っている程度。まったく進捗もなく、事態は一時棚上げなのでした。
ようやく先が見えてきたと思った僕は、どうにかして、6月中に全て終えたいと考えたのでした。
そして、町田市も担当者さんが銀行と連絡を密に取ってくれてのです。しかし、まあ銀行の話しが進みません。
僕と町田市で連絡しているのが銀行の支店の人。抵当権を設定しているのは、銀行の住宅ローン部門のさらに抵当権を管理している別会社。支店の人曰く「保証会社と本部とどのような流れにするか検討中」という状況が何日も続きました。
銀行が難色を示した理由の一つに、町田市が支払う補償金を、銀行が直接受け取る事が出来ないことでした。
どういうことかというと、銀行は、僕のローンを必ず回収しなければいけない、だから町田市が支払うお金を直接銀行に入れてもらいたいというのです。
しかし、町田市のルールではそれはできない。かならず、売り主である緒形宛にしか振り込めないと言うのです。
ホントに困った話しです。町田市の担当さんは「ならば、市役所の窓口で現金を渡すので、緒形さんと銀行さんでその場でやりとりも可能です」とまで言って下さいました。
結局その方法は銀行が受けませんでした。そして、町田市の譲歩案で結局銀行も抵当権を解除してくれたのでした。
このあたりの話しが5月末から6月頭の事でした。
それと並行して、今度は引っ越しの手配、改めて借りるローンの実行、引き渡し、さらには立ち退き後の取り壊しやもう山盛りの案件、ハードルを6月中にこなしたのでした。
はぁ~、もしかして、この話つまらないですか?(爆)
自分でも、3回にも引っ張っておいてなんですが「美容室のblogとはとてもじゃないが思えん!」と感じましたわーい(嬉しい顔)
今年年初は「もしかしたら次の家買えないかも。数年は賃貸で我慢かも」と考えていました。
子供4人でしかもドッタンバッタンうるさい生活音の我が家族です。賃貸に住まわせてもらえるのかさえ思ったら、かなり不安でたまりませんでした。
正直ずーっと大変だったんですよ(^_^;)
でも、これは私事であって仕事は別。気合いを入れ直して、あらためて仕事頑張ります!
次からは仕事のblog書くぞ!
引っ越し完了 完結

カテゴリー
私事

引っ越し完了その2

前回からのつづきです。
自宅立ち退きにあたり、転居先決定。
中古住宅購入契約までこぎ着けたのが2月中頃。
売り主さん、実はあまり売りたくないのが本音ということも書きましたよね。
今回僕が買ったような家の売買、売り主買い主はお互い個人です。そこに仲介業者が入って契約を結ぶので、主導権は完全に個人同士。
売り主、買い主双方「や~めた!」と言うこともできます。ただし、違約金がかかるのですがあせあせ(飛び散る汗)
ですから、僕としてはさっさと売買完了して、色んなしがらみとバイバイしたいわけです(ダジャレ)
しかしながら前回も書いたように、そこから約4~5ヶ月も時間を要するのです。しかも、その間に難関とも思えるハードルがありました。
ハードル
その1 4月から始まる新年度で道路事業の計画、予算変更の可能性が全くないわけではないこと。
その2 計画、予算そのものに問題なくても、実行時期が遅れる可能性があること。
まずはこれらにやきもきさせられました。役所の仕事の概念は基本年度をまたがないんです。ですから、4月以前に新年度のやりとりが基本できません。参りました。
まずここで、ゴールの時期が非常に不確定でした。不確定故に、売り主さんの気が変わらないか非常に心配でした。
そして3つめのハードル。これがまた大変でした。
それは、今まで住んでいた家のローンの残債を払う前に自宅の抵当権を銀行に解除してもらう必要がある、です。
住宅ローンで家を買うと、お金を貸した銀行は抵当権を設定します。僕が支払い不能になった時の為にです。
抵当権を解除してもらう為の唯一の方法、それはローン完済です。
しかし、ローン完済前に解除してもらわなければいけなかったのです。
それはなぜかというと、立ち退きにあたり、僕は町田市に自宅を売却するのですが、その売却契約する際物件に抵当権が設定されていると契約できないのです。
ローン借入先の銀行は某銀行の大船支店。そこに町田市の担当さんと一緒に出向いて、頭下げて抵当権解除をお願いしました。
いや、懇願しました(笑)
しかしあれです、ローン借りているこっちはお客なのに、銀行の人って「いつもありがとうございます!」って姿勢あまりないですよね。
普通の取引で銀行行ったら、「どっちが客なのか分からないですね~」の嫌味の一つも言いたいところです。
しかし、それをぐっと飲み込んで低姿勢でお願いしました。
こういう公共事業の立ち退き、銀行担当者なら理解あると思いきや「今まで経験がない。レアケース。」とあっさり言われました。
それでも、担当者はともかく銀行内部では時折ある事例ということで、動いてくれるとのこと。これで一安心・・・じゃあないんですよね。
担当者の雰囲気から、微妙な感じプンプン。しっかり動いてもらえるのか不安ありありでした。
そして、事実不安はある意味で的中したのでした。
またつづく